自宅に管楽器があると高価買取してもらうチャンス

管楽器の種類には、金管楽器と木管楽器があります。コンサートやイベントで、これらの楽器を吹き鳴らす姿を見たことがある人もいるでしょう。演奏会では目立つ楽器で人気もあるので、自宅に管楽器があると高価で買取してもらうチャンスになります。

管楽器の種類は金管楽器と木管楽器がある!色はゴールドとシルバー仕立て

管楽器を買取査定に出す前にどうすれば高額で買取をしてもらえるのか?まずは種類について知っておきましょう。

金管楽器

金管楽器の外観はゴールド、もしくはシルバーで、吹き鳴らす形の楽器です。
金管楽器は、唇から振動を本体に伝えることで音色を出せます。金管楽器の唇にあてる部分には、リップリードやエアリードのマウスピースを使っています。リップリードを使う金管楽器は、トランペット・トロンボーン・ホルン・ユーフォニアム・チューバがあります。また、エアリードを使う金管楽器には、フルートとピッコロがあります。

主な金管楽器の種類については、以下になります。
ピッコロトランペット・トランペット・コルネット・フリューゲルホルン・フレンチホルン・アルトホルン・トロンボーン・バリトン・ユーフォニアム・バスチューバです。

木管楽器

木管楽器は、唇から息を吹き込むことで音を奏でることができます。
木管楽器の息を伝えるためには、シングルリードやダブルリードを使います。シングルリードを使う木管楽器は、クラリネットとサクソフォンです。ダブルリードを使う木管楽器には、オーボエとファゴットがあります。

主な木管楽器の種類については、以下になります。ピッコロ・フルート・オーボエ・ソプラノクラリネット・クラリネット・アルトクラリネット・バスクラリネット・ソプラノサクソフォン・アルトサクソフォン・テナーサクソフォン・バリトンサクソフォン・ファゴットです。


これらの管楽器の種類を知ることで、自宅に眠っている金管楽器や木管楽器があって人気の種類や限定版の楽器なら、高額買取してもらえる可能性があります。特に楽器は奏者がコラボした限定版のモデルもあるので、いちど自宅にこれらの管楽器がないか調べてみると良いでしょう。

管楽器を高価買取してもらうコツ

管楽器を高価買取してもらうコツはクロス磨きで指紋を拭き取る!

自宅に置いてある使わなくなった管楽器を高価買取してもらうコツは、売る前には必ず汚れを拭き取ることです。管楽器を使っている時は、薄布などで毎回吹き終わったら拭いているはずです。

しかし、吹く機会が減ってしまい自宅に保管したままになっているケースでは、そのままの状態になっていることがあります。最後に使ったまま手入れを全くしていないと、やはり輝きに影響します。
管楽器を売る決意をしたのなら、売りに出す前にまずはクロスなどで磨きます。クロスだけだと落ちない場合は、ポリッシュやクリーナーを購入して全て使って磨きます。


そもそも管楽器は光の反射で汚れも目立つので、触った時についた指紋がそのまま汚れに見えるケースが多いです。また、吹いている時に指から伝わった汗が残っていることもあります。その場合、かなり時間が経過しても、専用の楽器用のクロスとポリッシュとクリーナーを使えば汚れを落とすことができます。

汚れの拭き取り方法

  1. まず、ポリッシュをクロスにつけて伸ばしたあとに、管楽器本体に塗るようにして磨きます。
  2. 次に、クロスに出したポリッシュを管楽器に伸ばして全てなくなるまで磨きます。
  3. そのあと、コットン状になっているクリーナーで細部の汚れを拭き取ります。
    クリーナーがコットン状になっている理由は、楽器の指を置く部分などの隙間も磨けるようにしているからです。

つまり、全体はポリッシュとクロスで、細部はクリーナーで磨くとキレイな状態になるのです。このようにキレイに磨くことで管楽器を高価買取してもらいましょう。

おすすめ!管楽器の高額買取・無料出張査定

  1. 中古楽器堂

    大切に扱ってきた楽器だからこそ高く買い取って欲しい。そんな期待に楽器査定のプロがお応えします。
    買取方法は「出張買取」「店舗買取」「宅配買取」の3つ。宅配買取は、完全無料の宅配キット利用で、申し込みから入金まで自宅にいながら簡単にできる全国対応の買取サービス!
    出張買取も全国対応!電話でも気軽に対応してもらえます!

    「中古楽器堂」の詳細を見る

  2. 楽器の買取屋さん

    高額買取・最短即日30分で無料出張査定サービスがウリ!もちろん、宅配買取・店頭買取もできます。
    多くなってしまった楽器や、重たくて運べない楽器などをプロスタッフがあなたの自宅にて査定をします。
    楽器に精通しているスタッフのみで構成されているので、リサイクルショップなどに売ってしまうよりも高額な買取価格が付く可能性大。出張買取・宅配買取・店頭買取の買取方法を選べるので、あなたに合った最適な買取方法を利用できる。

    「楽器の買取屋さん」の詳細を見る

  3. ガクヤ楽器買取ネット

    楽器の買取価格がとにかく高い!もちろん査定に関わる費用は完全無料。
    ガクヤ楽器買取ネットは、最近の無店舗展開の買取業者とは違い、楽器店が運営するネット専用の買取サイト。
    楽器の製作課を卒業した専門スタッフが多く在籍、豊富な知識でお客様をがっちりサポート。また、ネット買取で一番不安しされる減額の幅が大きい場合でも無料返送サービスを提供しているため、安心して送ることができる。
    梱包資材も用意されているので、自宅にいながら簡単に買取を利用できます。

    「ガクヤ楽器買取ネット」の詳細を見る

余談:管楽器の特徴は振動と空気と共鳴で音を鳴らす楽器!

金管楽器も木管楽器も楽器の管に対して振動や空気を送り込み音色を奏でます。管楽器は、気鳴楽器ともいわれていて、管に対して共鳴させることで音を出します。唇の振動にしても、息を吹き込むことにしても、どちらも管に対して共鳴させているのです。

また、管楽器によっては共鳴よりも共振になることもあります。これは、管楽器のリードから管部分の空洞を通って、吹き出し口に向けて空気の流れを共振させるという意味です。唇の振動なのか、もしくは空気を吹き込むのか、どちらの行為にしても、管を共鳴や共振させることで音を出すのが特徴なのが管楽器です。

管楽器のもうひとつの特徴として、製品化するのに使う材質や管の厚さや薄さは音の強弱には関係がありません。管楽器では、木管楽器は金管楽器に比べて音が小さく落ち着いています。そのため、演奏シーンでは金管楽器が目立つパートを奏でることが多いです。木管楽器はメインパートよりもサブパートを奏でるケースが多く、演奏に落ち着きを追加しています。

また、音の出し方では人の体格や肺活量、口や喉の形や使い方で個人差が生じます。